刊行物・関連書籍

  • 価格(税込み):1,500円
  • 著者  (株)原子力安全システム研究所
              社会システム研究所
  •  原子力発電所の安全で効率的な運用のために、夜間保修作業のウェイトが年々高まってきています。この夜間保修作業の品質および技術・技能レベルの向上と維持を図り、作業に従事する労働者の安全確保や健康の維持と快適職場の形成を図ることを目指して、本ガイドブックが企画されました。
      本ガイドブックには、科学的知見に基づき、夜間保修作業の品質向上と従事者の安全と健康確保のために、電力会社が、自主的に取るべき施策とその達成目標を中心に示しています。問題意識を持った管理者が夜間作業対策を検討していくことを支援するためのものです。
      実現にあたっては、当該組織(会社やそれぞれの部署、チーム)によって、条件整備に要する時間、経費、労力などに差異のあることが想定されますが、実現可能なものからステップ・バイ・ステップで実施することで全体のレベルアップをはかっていくことが強く望まれます。
【お申し込みに際して】
●お申し込みいただく際には、お手数ですが、必要事項をご記入のうえ、送信ください。折り返し、メールにてお申し込み確認ならびに配本のご案内メールを送信させて頂きます。
●送料は、お客さまのご負担でお願いします。
(通常500 ~ 800 円程度です)
●現品送付時に請求書(送料含む)を同封致しますので、到着後1ヶ月以内に所定の方法にてご入金をお願いします。
●お申し込みに際しましては、本サイトの利用規則、および特定商取引法に基づく表示をご承諾の上、 お申し込みください。なお、お客さまの個人情報、お寄せいただいた内容は、 弊社の個人情報の取扱いにのっとり、 厳重に取り扱います。