技術システム研究所原子力発電の安全性・信頼性の一層の向上を求めて

原子力発電の安全性・信頼性の一層の向上を求めて
運転・保守技術を支える

 原子力発電所の運転および保守の安全性向上のため、プラント安全評価と原子力防災対応支援に関する研究を行っています。

原子力防災対応支援

 放射性物質の生成や挙動、放射線遮へいに係る評価技術の開発とともに、原子力災害に至るプロセスを詳しくシミュレーションして、プラント内部における事態の進展を予測する技術の開発に取り組んでいます。
 既に原子力災害に伴い施設内部で活動する従業員被ばく線量の予測技術や、燃料などから放出される放射性物質による周辺環境への影響を迅速に予測する技術を開発し活用するとともに、防災訓練シナリオに基づくプラント挙動と放射性物質の移行挙動を解析し、訓練用の模擬データを提供しています。

災害事象の進展予測を開発する原子力防災実験室

原子力防災訓練時における事象進展予測支援

災害事象の進展予測を開発する原子力防災実験室

プラント安全評価

 伝熱流動実験を通して事故時の蒸気発生器伝熱管における非凝縮性ガスを含む気液二相流の挙動やホットレグ内気液対向流の挙動を調べ、3次元流体解析手法や統計的安全評価手法を用いた信頼性の高い評価技術を開発し、安全裕度の確認や運転保守管理方法の改善など安全管理を充実するための研究を行なっています。

原子炉容器内3次元シミュレーション

主な成果 – 書籍・冊子

研究スタッフ

  • 技術支援研究プロジェクトリーダー
    高木 俊弥リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    中村 晶リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    川崎 郁夫リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    木下 郁男リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    楠木 貴世志リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    西田 浩二リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    柳 千裕リンク
  • 技術支援研究プロジェクト
    吉田 至孝リンク