新着情報

2015.10.05

 2015年8月、高知工科大学で開催された日本混相流学会2015年度総会において、
三島嘉一郎 技術システム研究所長が「原子炉熱水力研究、計測法開発、二相流モデリング研究に関する顕著な貢献」で業績賞を受賞しました。
 本「業績賞」は、日本混相流学会の発展に多大の貢献をなした会員、混相流の学問体系形成に顕著な貢献をなしたと認められる会員、混相流の特性を応用して技術の発展に顕著な業績を挙げた会員に贈呈されるものです。